湘南健康管理センターの胃カメラのご紹介。胃カメラと呼ばれている検査です。

特定健診・特定保健指導機関
046-867-2877(代表)
※同名施設とのお間違いが多くございますのでご注意ください
受付時間:8:30~12:00 / 13:00~17:00
※土曜日午後・日曜・祝祭日休日巡回健診:046-867-2877
人間ドック・健診のご予約
戻る
menu
胃カメラ装置のご説明

胃カメラ

胃カメラ

胃カメラ検査とは、ファイバースコープを口から挿入し、食道~胃・十二指腸まで粘膜面に異常がないかを調べる検査です。胃部X線検査とは異なり放射線を浴びることはありません。また、直接粘膜を観察するため、色調の変化や粘膜の微細な凹凸までもが詳細に観察できます。FUJIFILM製LASEREOシステムを採用。

当センターの胃カメラ検査【鎮静剤使用の場合】は、鎮静剤を使用し、眠ったような状態で検査をする事により苦痛を緩和します。
最新のレーザー内視鏡システムと拡大鏡を使用して、内視鏡経験豊富な消化器科の医師が実施する事により、細胞を採取せず、観察だけで治療・精査の判断を行う「苦痛が少ない精度の高い検査」をご提供します。

光デジタルによる、より詳細な診断

デジタル撮影でより詳細な診断

当センターでは、光デジタルによる画像強調観察技術(オプティカル・バイオプシー)により、精度の高い観察ができる最新機種を導入しております。
病変をより詳細に精査できる拡大スコープ・光技術を駆使した高精度の組織診断を使用し、組織を採取することなくより安全に低リスク・高精度の診断が可能になりました。

当院の胃カメラの特徴

デジタル撮影でより詳細な診断

赤みを帯びた色はより赤く、白っぽい色はより白くなるように色の拡張・縮小を行い、粘膜の微妙な色の違いを強調し、炎症診断をサポートします。

ページトップへもどる